奨学金

電子メールでの連絡について

学生支援係から、奨学金関連の連絡が必要となった場合に使用するアドレスは以下のとおりです。
gakusei(アットマーク) tokyo-ct.ac.jp
(令和2年4月9日掲載)

奨学金について

以下に掲載しているものは本校にて斡旋する奨学金です。
これ以外にも、各団体からの案内を募集時期に学生課前の掲示板に掲示していますので併せてご覧ください。

また、各団体やお住まいの市町村等が実施している奨学金の確認については、Google等の検索エンジンや下記サイトをご活用ください。原則郵送での個別案内はしていませんので、必要な情報を見逃すことのないよう、希望者は各自こまめにご確認ください。

【参考】大学・地方公共団体等が行う奨学金制度(独立行政法人日本学生支援機構ウエブサイト)
https://www.jasso.go.jp/about/statistics/shogaku_dantaiseido/index.html

申請書類に本校の証明が必要な場合、募集先の指定する提出期限の2週間前までに学生課学生支援係へ証明書発行を依頼してください。
期限間近に依頼された場合、推薦書等の発行が間に合わない可能性があります。(学校長等の推薦が必要な場合、学内審議が必要で、推薦までにお時間を頂いております。また、審議にあたり、学生の学力を確認し、学内基準を満たしていない場合には、推薦出来ませんので予めご了承ください。)
なお、本校から申請手続きが必要となる場合、期限を過ぎてからの申請は、原則受け付けることが出来ませんので、日程に余裕を持って依頼してください。

令和3年度JEES・ジョンソンコントロールズ高専生奨学金奨学生募集のご案内

令和3年6月14日掲載

希望者は推薦書、成績証明書を学校で作成する都合、令和3年6月18日(金)までに、以下のフォームに必要事項を入力して、学生課から 資料を受け取ってください。

フォーム
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyGS3kxyaumpInOWmOrSku6pUOE1QUVJZNEhVQjhTTzkxRDZCMTBTS1M1VS4u
【応募資格】
(1)令和3年4月に、4~5年生次または、専攻科1~2年次に正規生として在学する日本人または、私費留学生。
(2)本奨学金の受給期間中、日本国際教育支援協会が実施する他の奨学金を受給せず、他の団体から受ける奨学金等の受給額が600,000円(月額50,000円相当)以下である者(貸与型 (返済が必要なもの)奨学金、学費免除及び修学支援制度は除く)。
(3)学業成績優秀で、経済的援助を必要とする者。

【奨学金額】
(高等専門学校奨学生) 月額 50,000 円※

【支給期間】
令和3年4月より令和4年3月まで。

【応募方法】
受付期限までに学生課から願書(様式)を受け取り、必要書類を取り揃えた上、提出期限までに学生課へ提出のこと。

(必要書類)
(1) 願書(別紙様式1)(様式は学生課で配布) 1通
(2) 応募者の写真(最近6ヵ月以内に撮影したもの。4.0cm×3.0cm、上半身、脱帽、裏面に氏名を記入し、願書の所定欄に貼付すること) 1葉
(3) 小論文(別紙様式2.論文等は願書に記載している指示に従うこと) 1通
(4) 父、母あるいは主たる家計維持者の前年の所得証明書※外国人留学生は提出不要。
・給与所得者・・・2020年分の源泉徴収票(コピー可)
・給与所得以外・・・税務署等による2020年分の所得を証明するもの(コピー可)
例 所得証明書、非課税証明書等(コピー可)
(5)家族状況等申告書

※願書及び小論文は、日本語以外の場合は和訳を添付すること。

【書類提出期限(学校に提出)】 令和3年6月23日(水)【厳守】

【その他】
(1)募集は各学校宛に行うため、学校経由で応募することになります。
直接応募は認められていません。
(2)本奨学金は、返還の必要がありません。
(3)提出された書類は返却しません。
(4)上記必要書類の他に、学校から指定する書類を求められた場合には、
指示に従い提出をお願いします。
(5)学校からの推薦は1名のみとなります。希望者が複数名いた場合に
は、学内選考の上、1名のみ推薦を行います。

 

「緊急特別無利子貸与型奨学金」の募集について

令和3年5月28日掲載

4年生以上の学生のみなさんへ

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりアルバイト収入が大幅に減少した学生等を対象とした「緊急特別無利子貸与型奨学金」について、応募を受け付けています。

以下の制度概要等を確認の上、希望する学生は以下のフォームに必要事項を入力して、学生課から資料を受け取ってください。

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUM0xNR0pQSDNDMVc2TjVIM1owSENJNTBVNyQlQCN0PWcu

制度概要
第二種奨学金(有利子)制度を活用しつつ利子分を国が補填し、実質、無利子にて貸与

対象学年
本科4年・5年生、専攻科生

以下の要件を全て満たす方が申請出来ます。

①第二種奨学金の基準(人物・学力・家計)を満たしていること
※家計基準は日本学生支援機構にて審査
②推薦時において、第二種奨学金の貸与を受けていないこと
③家庭から多額の仕送りを受けていないこと (仕送り額が年間150万円以上では ないこと)
④生活費・学費に占めるアルバイト収入の占める割合が高いこと
⑤学生等本人のアルバイト収入について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により大幅に減少したこと(「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」の実施区域となったこと等により、令和 3 年度において新型コロナウイルス感染症拡大の影響でアルバイト収入が 50%以上減少した。予定していたアルバイトにつけず見込んでいた収入が得られなくなった等)

貸与期間
令和4年3月まで

提出書類
①「確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書」
② 生計維持者の収入に関する証明書類
生計維持者の2020 年度(2019年1月~12月分)の所得証明書類(ただし、9月以降に申込む場合は2021 年度(2020年1月~12月分)
③ アルバイト収入減等の証明書
上記、推薦基準⑤学生等本人のアルバイト収入について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により大幅に減少(新型コロナウイルス感染症拡大前より50%以上減少)したことが確認出来る証明書類)

申請申込期限
令和4年1月7日(金)

書類提出期限
令和4年1月11日(火)

 

令和4年度 日本学生支援機構給付奨学生予約採用について(高等教育の修学支援制度)

令和3年4月23日掲載

予約採用とは、3年生のうちに日本学生支援機構給付奨学金の申請手続きを行い、採用された場合、4年生に進級後、給付型奨学金の受給、授業料の減免、入学料の減免(認定されている大学や他高専に編入する場合のみ)を受けられる制度です。
申請を希望する学生は以下のフォームからクラス・名前・メールアドレス等必要事項を入力して、申請に必要な書類を学生課に受け取りに来てください。

フォーム
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUMEgwWEpHODBLREVaTUo2WlFFSkc5RUwwOSQlQCN0PWcu
【登録期間】 令和3年5月17日(月) 17時まで
【申請書類提出期限】 令和3年5月19日(水) 17時まで

※制度の詳細は、高等教育の修学支援制度 (授業料減免制度)を参照ください。
(東京高専ホームページ)
https://www.tokyo-ct.ac.jp/student_info/exemption_of_tuition-fees/

(日本学生支援機構ホームページ)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

令和3年度川崎市高等学校奨学生(学年資金)のご案内

令和3年4月23日掲載

川崎市の奨学金について、応募を受け付けています。

【奨学金額】
1年生:年額  36,000 円  2年生:年額 61,000 円   3年生:年額  46,000 円

【支給期間】
1年間(令和2年4月から令和3年3月まで)。年2回に分けて支給。

【学力基準、所得基準】
学力基準、所得基準は以下をご参照ください。

令和3年度 川崎市高等学校奨学生【学年資金】募集要項
https://www.city.kawasaki.jp/880/page/0000105208.html

【応募方法】
以下フォームに必要事項を入力し、受取期限までに学生課から申請書(様式)を受け取り、必要書類を取り揃えた上、提出期限までに学生課へ提出のこと。

フォーム
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUMDNaSERaU1MzR0pFQkRMUzIyRTJNSTRFWiQlQCN0PWcu

(必要書類)
(1) 令和3年度奨学資金支給申請書(様式を学生課でメール等で配布する)
(2) 収入にかかる証明書(下記A~Cのいずれか)
A.生活保護世帯の場合、「被保護証明書」(写し可)
B.児童養護施設や里親に委託されている場合「在籍証明書」又は「児童委託証明書」(写し可)
C.AにもBにも該当しない場合
「令和3年度市民税・県民税の課税額証明書(非課税証明書、免除証明書等)合計所得金額の記載のある各種証明書」

※ 年度は令和3年度(令和2年分)の証明書が必要です。(6月以降に発行されます。)
※ 生計を一にする家族の中で、18歳以上の全員の証明書が必要です。(高校 、大学生等を除く)
※ 扶養に入られている方でも、証明書は必要です。ただし、配偶者控除を受けている場合は、配偶者の所得証明書は必要ありません。
※ 申告をしていない等の理由で書類を提出できない場合は申請できません。

【申請書受取期限】令和3年5月14日(金)【厳守】※
※申請書を受け取っていても書類提出期限までに必要書類の提出が無かった場合には応募する意思の無いものとして取り扱いますのでご了承下さい。

【書類提出期限(学校に提出)】 令和3年6月7日(月)【厳守】

【その他】
(1)学校から推薦をする必要があるため、学校経由で応募することになります。直接応募は認められていません。
(2)本奨学金は、返還の必要がありません。
(3)他の奨学金との併願・併用は可能です。
(4)提出された書類は返却しません。
(5)認定結果については、8月上旬に川崎市から申請者の自宅へ直接郵送します。
(6)上記必要書類の他に、学校あるいは川崎市から指定する書類を求められた場合には、指示に従い提出をお願いします。

以上

日本学生支援機構奨学金(貸与型)令和3年度在学採用について

令和3年4月13日掲載

令和3年度の日本学生支援機構奨学金(貸与型・第一種及び第二種)の申請希望者を対象に、資料配付を行います。貸与を希望する学生は以下のフォームから学 年・クラス・名前・メールアドレス等必要事項を入力して、申請に必要な書類を 学生課に受け取りに来てください。

フォーム
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUMVZGSENNRjFKMlE1WDdLRDJGTTdBMFk5OSQlQCN0PWcu

(制度の概要 日本学生支援機構ホームページより)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/type/index.html

【申請期間】 令和3年4月23日(金) 17時まで

【申請書類提出期限】 令和3年4月26日(月) 17時まで

【対象者】今年度からの新規希望者
(中学校で予約採用になった方は、申請する必要はありません。また、昨年度受給されていた方で、今年度継続される方も申請する必要はありません。)

令和3年度 東京都育英資金奨学生募集について

令和3年4月13日掲載

東京都育英資金奨学金の貸与を希望する学生は以下のフォームから学年・クラ ス・名前・メールアドレス等必要事項を入力して、申請に必要な書類を学生課に 受け取りに来てください。

フォーム
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUODhLWTFHNERKQVEzVlVGQzRUVzVBUzRWTyQlQCN0PWcu

【申請期間】 令和3年4月26日(月) 17時まで

【申請書類提出期限】 令和3年4月30日(金) 17時まで

【申込資格】次のすべてに該当する方で、本校が推薦する方です。
1.国・公・私立の高等学校(中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部を含む。)又は専修学校(高等課程)、都内に所在する高等専門学校又は専修 学校(専門課程)に在学していること。
2.申込者と申込者を扶養している方(税法上の扶養者)が、貸付を開始する月の初日に共に住所が都内にあること。
3.勉学意欲があり、経済的理由により修学が困難なこと(収入・所得制限有り)。
4.同種の奨学金(給付制のものを除く)を他から借り受けていないこと。
5.財団で定める要件を備えた連帯保証人(申込時1名、貸付終了時1名追加)をたてることができること。
6.日本国籍がない場合は、在留資格が「法定特別永住者」「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」のいずれかであること。
7.現在、高等学校、高等専門学校、専修学校の高等過程に在学している方が、過去に東京都育英資金を借り受けていたことがないこと。
8.大学院に在学したことがないこと。
9.返還期間の末日に、満65歳を超えないこと。

令和3年度日本学生支援機構給付奨学生在学採用について(高等教育の修学支援制度)

令和3年4月12日掲載

4年生以上の学生のみなさんへ

日本学生支援機構より、給付奨学生在学採用を実施するとの連絡がありまし た。奨学金の給付を希望する学生は以下のフォームから学年・クラス・名前・ メールアドレス等必要事項を入力して、申請に必要な書類を学生課に受け取りに 来てください(すでに入力されている方は不要です。学生課に来てください)。
※採用された場合、採用された支援区分に応じて授業料も減額されます。また、 結果が出るまで授業料が徴収猶予になります。

フォーム
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP- cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUNjRYVU9QNzRKRFIwUkxSUEw1WUc4SUtPRSQlQCN0PWcu

【登録期間】 令和3年4月23日(金) 17時まで
【申請書類提出期限】 令和3年4月26日(月) 17時まで

【対象者】4年生以上

※1.給付奨学金は申請せず、授業料減免制度のみ申請希望の方は学生支援係まで ご連絡ください。
授業料減免の申請書類も上記期間中受け付けております。
※2.制度の詳細は、高等教育の修学支援制度 (授業料減免制度)を参照ください。

(東京高専ホームページ)
授業料減免制度(4年生以上対象) / 授業料免除|国立東京工業高等専門学校 (tokyo-ct.ac.jp)
(日本学生支援機構ホームページ)
奨学金の制度(給付型) – JASSO

※3.すでに採用されている方、直近の適格認定(家計)で休・停止中と判定になっ た方、学力で不可に認定された方は申請しないでください。
※4.家計急変採用も随時行っております。詳細はお問い合わせください。

問い合わせ先:学生課学生支援係

2021年度川村育英会奨学生の募集について

令和3年4月12日掲載

2021年度川村育英会奨学金について、応募を受け付けています。希望者は本 案内に従い申請してください。

【応募資格】
2021年度高等専門学校本科3年次に在学し、以下の①、②及び③のすべてに該当 する者。

①全学科対象。
②生計を一にする家族の年間収入(祖父母の年金収入は除く)が500万円以下。
③成績証明書記載の学業成績に占めるA・優以上の最優等成績の割合が50%以上。

【応募人員】
本校より1名。(応募者多数の場合は、学内選考の上、1名のみ推薦します。)

【奨学金の支給期間および金額】
①    支給期間 :2021年8月より高等専門学校本科卒業までの期間
(ただし、留年・休学等の期間は支給停止)
②支給奨学金:給付型・月額20,000円(支給総額640,000円)

【【応募方法】
以下にある書類受取期限までに以下のURLからに申請者情報を登録してくださ い。登録されたメールアドレスに必要書類を送付します。

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUNTIxUExURjlIWTgzSktRT0NROUpBNUlRNyQlQCN0PWcu

必要書類を取り揃えた上で、以下にある提出期限までに学生課へ提出してください。

《必要書類》
①奨学生申請書(指定様式。本人の直筆)
②履歴書(指定様式。本人の直筆)
③生計を一にする家族の収入状況を証明する書類(所得証明書等直近のもの)
④誓約書(本人の直筆)
⑤成績証明書(学生課に申請してください)
⑥在学証明書(学生課に申請してください)
⑦学生推薦書(学級担任の先生に作成をお願いしてください)

《書類受取期限》
2021年4月26日(月)17時まで

《書類提出期限》
2021年4月30日(金)17時まで

【その他】
①学校経由で応募することになります。
②応募者多数の場合、学校推薦が決定した1名にのみ、川村育英会に推薦する旨の連絡をします。
③新規採用奨学生には原則として、「奨学生証授与式、奨学生交流会及び講演会」に出席すること。
④奨学生は毎年6月末までに、代表理事宛に下記の書類を提出しなければならない。
(1)成績証明書(前年度)
(2)在学証明書(当年4月1日以降に発行されたもの)
(3)生計を一にする者の所得証明書等(直近のもの)
⑤奨学生は奨学金支給期間終了時に「奨学生終了報告書」を提出しなければなら ない。

 

関育英奨学会 令和3年度奨学生募集について

令和3年4月12日掲載

下記のとおり募集を行いますので、希望する2年生は、書類受け取り期限までに 以下のフォームからクラス・学籍番号・名前・メールアドレスを入力してくださ い。関育英奨学会より申請書類が届き次第、登録されたメールアドレスに連絡し ますので、学生課に取りに来てください。

(フォーム)
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUN1ExRVkzRVRTWVc0Rzk1REFBV1lYOEtIMyQlQCN0PWcu

1.応募資格:高専2年に在学し、人物・学力ともに優秀かつ健康でありながら 学資の支弁が困難と認められる者

2.貸与金額:月額20,000円(返還の義務有り)

3.書類受け取り期限:令和3年5月7日(金)

4.提出書類:①奨学生願書(指定様式をお渡しします)
②成績証明書(1年修了時点)※学生課に申請すること
③在学証明書 ※学生課に申請すること
④作文(800字以内)課題「将来の夢」
※市販の400字詰め原稿用紙を使用すること

5.備考希望者が複数の場合は、学内で選考を行い、推薦者1名を決定します。

問い合わせ先:学生課 学生支援係

令和3年度埼玉県高等学校等奨学金奨学生の募集について

令和3年4月12日掲載

令和3年度埼玉県高等学校等奨学金について、応募を受け付けています。貸与を 希望する学生は令和3年4月23日(金)17時までに学生課学生支援係 (042-6685237)までご連絡ください。

【応募資格】
①高等学校等に在学していること。
②保護者が埼玉県に居住していること。
③品行方正であって、学習意欲があり、経済的理由により修学が困難であること。

【貸与額(高等専門学校)】
(月額奨学金)           (入学一時金)※入学時のみ
①月額 15,000 円           ①50,000円
②月額 20,000円           ②100,000円
③月額 25,000円

【貸与期間】
令和3年4月から令和4年3月までの1年間。その後の貸与を希望する場合は改めて 手続きが必要。

【応募方法】
希望者は学生支援係から「埼玉県高等学校等奨学金申請封筒」を受取り、「申請 のしおり」よく読んだ上で、必要書類を埼玉県教育局総務部財務課へ提出のこと。

【埼玉県教育局総務部財務課への必要書類提出期限】
令和3年4月30日(金)

【その他】
・本奨学金は貸与なので、卒業後に返還の義務があります。

 

公益財団法人佐藤奨学会 奨学金のご案内

令和3年3月22日掲載

佐藤奨学会の奨学金について、応募を受け付けています。希望者は本案内に従い 申請してください。

【応募資格】
高等学校、高等専門学校、大学または大学院に在学し、学業、人物とも優秀で、かつ健康であり、学資の支弁が困難と認められるもの。
【奨学金額】
(高等専門学校奨学生)  月額  16,000 円※
※原則として毎月一定日に本人宛に支給するが、7・8月、2・3月分 については2ヶ月分まとめて支給する。

【支給期間】
正規の最短修業年限とする。
2年次以降に支給を受ける場合は残りの修業期間。

【応募方法】
以下、願書等受取期限までに以下のURLに申請者情報を登録してください。登録されたメールアドレスに願書(様式)等を送付します。必要書類を取り揃えた上、提出期限までに学生課へ提出してください。

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUMEQ2NEMxWkFKM1Q4NDUzWEZFVFBEUUFGViQlQCN0PWcu

【願書等受取期限】
令和3年4月12日(月)【厳守】※
※願書を受け取っていても、書類提出期限までに必要書類の提出が無かった場合 には応募する意思の無いものとして取り扱いますのでご了承下さい。

(必要書類)
(1) 願書
(2) 推薦書(推薦理由を担任教員、専攻科生は指導教員に推薦理由欄を記 入してもらうこと)
(3) 中学校における3年間の成績証明書(1年生のみ。2年生以上は不 要。)
(3) 家計維持者の収入証明書コピー(両親可)
(4) 課題(A4用紙1枚、自由記述)※
※課題内容「10年後の自分」について
10年後、どのように社会で貢献できる人間になりたいか、A4用 紙1枚にご記入下さい。絵や写真の貼付も可能です。

【書類提出期限(学校に提出)】
令和3年4月16日(金)【厳守】

【奨学生の義務について】
奨学生として採用された場合は、以下に定める義務を履行する必要がありますの で、よく理解した上で応募をして下さい。
(1)奨学生は、奨学金給与規定を厳守すること
(2)次のいずれかに該当する場合は、直ちに事務局に連絡すること
1.留学をする場合
2.休学、復学、転学又は退学したとき
3.停学、その他の処分を受けたとき
4.氏名、住所、メールアドレス、その他重要な事項に変更があった場
5.留年又は卒業延期の恐れが生じたとき
(3)毎月(ただし7・8月は7月、2・3月は2月)奨学金の交付をうけた奨学生 は、当月末までに奨学金領収書を提出すること
(4)毎年度末に、下記の書類を事務局に提出すること
1.活動報告書(指定のフォーマット)
2.成績証明書
3.収入証明書
4.進路報告書(卒業生のみ)

【その他】
(1)募集は各学校宛に行うため、学校経由で応募することになります。直接応募は認められていません。
(2)本奨学金は、返還の必要がありません。
(3)他の奨学金との併願・併用は可能です。
(4)提出された書類は返却しません。
(5)学校からの推薦は1名のみとなります。希望者が複数名の場合には、 学内選考の上、1名のみ推薦を行います。学校推薦を受けられる方のみ、後日連絡します(受けられなかった方には連絡しません)。
(6)上記必要書類の他に、学校から指定する書類を求められた場合には、指示に従い提出をお願いします。

 

一般財団法人日本国土開発未来研究財団2020年度(2021年4月入学)奨学生募集のご案内

令和3年3月22日掲載

日本国土開発未来研究財団の奨学生について、応募を受け付けています。
申請希望者は本案内に従い申請してください。

【応募資格】
本科第1学年に在学する学生。

【奨学金額】
(高等専門学校奨学生) 月額25,000円   ※返済義務はありません。

【支給期間】
2021年4月から在学する学校の正規の最短修業年限

【成績基準及び家計基準】
人物、学業ともに優秀で、経済的な理由により就学が困難であると認められる者(東京工業高等専門学校の奨学金の推薦基準を満たす者)。

【応募方法】
1.学校がどの学生が申請予定なのか把握するため、以下のURLから4月12日(月)までに、必要事項(学年、名前等)を入力してください。
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUNlA2MFc4RUJHVFIxSlRSWE04UUlSSkkySiQlQCN0PWcu

2.日本国土開発未来研究財団の「奨学金規程」及び「2020年度(2021年4月入学)奨学生募集要項」をよく読んだ上、申請に必要な書類をすべてそろえ、4月16日(金)までに学生課学生支援係に提出してください(申請に必要な書類の「奨学金給付金申請書」及び「誓約書」は、一般財団法人日本国土開発未来研究財団ホームページ「奨学金給与」に中段あたりに掲載してあります)。

一般財団法人日本国土開発未来研究財団「奨学金規程」
https://www.jdc-miraizaidan.or.jp/download/guide/shougakukin/scholarship_rules.pdf

「2020年度(2021年4月入学)奨学生募集要項」
https://www.jdc-miraizaidan.or.jp/download/guide/shougakukin/scholarship_student_recruitment_guidelines.pdf

一般財団法人日本国土開発未来研究財団ホームページ「奨学金給与事業」
https://www.jdc-miraizaidan.or.jp/guide/shougakukin.html

(申請に必要な書類)
(1)奨学金給付金申請書
(2)誓約書(奨学金給付金申請書、誓約書)
https://www.jdc-miraizaidan.or.jp/download/guide/shougakukin/scholarship_application_documents.pdf
(3)在学証明書(学生課教務係に申請してください)
(4)成績証明書(原本)(出身中学校から取り寄せてください)
(5)所得・課税証明書又は非課税証明書(原本)
申請者と生計を一にする家族全員分(就学者を除く)の平成31年1月1日から令和元年12月31日までの所得に基づき市町村が発行した、収入及び所得控除の金額の記載の ある証明書
(6)住民票の写し(原本)
申請者と生計を一にする家族全員分の住民票の写し。本籍・続柄記載あり。マイナンバーの記載なし。外国籍の場合は在留資格記載のもの。発行日から6ヶ月以内

※東京工業高等専門学校の奨学金の推薦基準を満たした方のみ、提出された「奨学金給付申請書」に校長名と公印を押して、5月上旬に提出された書類を返却しますので、5月15日(土)(当日消印有効)までに各自で日本国土開発未来研究財団事務局に郵送してください。

【書類提出期限(学校に提出)】
令和3年4月16日(金)【厳守】
※上記の書類提出期限までに必要書類の提出が無かった場合には、応募する意思の無いものとして取り扱いますのでご了承下さい。

【その他】
(1)本奨学金は、民間企業及び団体の給付型奨学金との併用は不可です。
(2)採否は6月中旬頃、一般財団法人日本国土開発未来研究財団より連絡があります。
(3)上記必要書類の他に、学校から指定する書類を求められた場合には、指示に従い提出をお願いします。

 

ここから下は過去の案内です。

緊急特別無利子貸与型奨学金の募集について

(令和2年12月15日掲載)

本科4年・5年生、専攻科生 各位

標題の件について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、世帯収入やアルバイト収入が大幅に減少し、学生生活への経済的な影響を受けている学生に 向け、一定期間(令和3年3月まで)、特別な貸与を行う「緊急特別無利子貸与型奨学金」事業が実施されます。
つきましては、以下の制度概要等を確認のうえ、希望する学生は、以下のフォームに必要事項を入力してください。

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=XYP-cpVeEkWK4KezivJfyLh3i2jzZOhGqwsGz4ONJrdUMlBYMFlaQ0VXMUNUU1NSUU9IVlZKVjdDSiQlQCN0PWcu

制度概要
第二種奨学金(有利子)制度を活用しつつ利子分を国が補填し、実質、無利子にて貸与

対象学年
本科4年・5年生、専攻科生

推薦基準
①第二種奨学金の基準(人物・学力・家計)を満たしていること
※家計基準は日本学生支援機構にて審査
②推薦時において、第二種奨学金の貸与を受けていないこと
③家庭から多額の仕送りを受けていないこと(仕送り額が年間150万円以上ではないこと)
④生活費・学費に占めるアルバイト収入の占める割合が高いこと
⑤学生等本人のアルバイト収入について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により大幅に減少(新型コロナウイルス感染症拡大前より50%以上減少)したこと

貸与期間
令和3年1月~令和3年3月まで

提出書類
① 「確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書」
② 生計維持者の収入に関する証明書類
生計維持者の2020 年度(2019年1月~12月分)の所得証明書類など
③ アルバイト収入減等の証明書
上記、推薦基準⑤学生等本人のアルバイト収入について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により大幅に減少(新型コロナウイルス感染症拡大前より 50%以上減少)したことが確認出来る証明書類

申請申込期限
令和3年1月7日(木)

書類提出期限
令和3年1月12日(火)

 

東京工業高等専門学校新型コロナウイルス感染症対策助成金による給付奨学金の募集について

(令和2年11月19日掲載)

 このことについて、以下のとおり募集を行いますので、該当者は本案内に従い申請してください。

【応募資格】
本校の学生で、新型コロナウイルス感染症に関連し学資の支弁が困難であり、今年度の各種給付奨学金等を受給していない者で(高専機構の授業料免除、就学支援金を除く)、次の条件のいずれかに該当する者。

1.本校を通し、国、都道府県または市区町村や各種団体の新型コロナウイルス感染症に関連する奨学金等へ応募したが不採用となった者
2.各種奨学金募集期間終了後に新型コロナウイルス感染症に関連して学資の支弁が困難となった者

(学力基準)
出席状況が良好である者。成績の基準は設けないが、成績不振と認められた場合は、「今後の学修計画について」を提出すること。

(家計基準)
新型コロナウイルス感染症に関連し家計状況に変化があったかを確認する。

【採用者数、奨学金額、支給回数・方法】
5~10名、28,000~55,000円程度(採用者数による)、1回限り、学納金の振替口座へ振込。

【応募方法】
以下リンク先から必要事項を入力し、申請書類を受け取ること。

応募フォーム

【提出書類】
1.給付奨学金申請書及び記載されている添付書類
2.家計状況記載書
3.小論文
4.今後の学修計画について※該当者のみ

【申請書等 受取期限】
令和2年12月10日(木)【厳守】
【申請書等 提出期限】
令和2年12月14日(月)【厳守】

 

【2次募集】八王子市学生支援特別給付金について

(令和2年9月23日掲載)

 八王子市から「【2次募集】八王子市学生支援特別給付金について」の案内がありました。
詳細は以下のリンクからご確認ください。

【対象者】
(1)国内の大学等に在籍し、八王子市内に住民票を置いて居住する学生もしくは八王子市外に居住する八王子市出身者(小・中学校在学時に八王子市に居住していた方で、かつ現在も保護者等が八王子市内に居住している方)
(2)アルバイト収入によって生活している方(今年度入学者など、新型コロナウイルス感染症の影響でアルバイトを始められていない方も含まれます)

https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/shimin/002/008/gakuseikoroina/p026624.html

日本学生支援機構奨学金(第二種) 二次採用について

(令和2年9月7日掲載)

 日本学生支援機構より、下記のとおり第二種奨学金の採用を実施するとの連絡がありました。奨学金の貸与を希望する学生は以下のGoogleフォームから学年・クラス・名前・メールアドレス等必要事項を入力して、申請に必要な書類を学生課に受け取りに来てください。

Google フォーム
https://forms.gle/JU2gmYN9pdZbgCA2A

【申請期間】 令和2年10月2日(金) 17時まで
【申請書類提出期限】 令和2年10月9日(金) 17時まで

【参考】
(1)対象者:4・5年生、および専攻科生のみ(1~3年生は第二種奨学金の申し込みはできません。)
(2)貸与始期: 令和2年10月~令和3年3月より希望月を選択 (4~9月は選択できません)
(3)貸与月額:20,000円~120,000円の範囲で1万円単位で調整可。ただし、入学時特別増額貸与奨学金は利用できません。
(4)初回交付日(予定):令和2年12月以降
※第二種奨学金は有利子の貸与型奨学金です(返還の義務があります!)。
※現在第一種奨学金を受けているが、追加で第二種奨学金を希望する人も対象となります。

 

八王子市学生支援特別給付金について

(令和2年7月9日掲載)

八王子市から案内がありましたのでお知らせします。
詳細は以下のリンクからご確認ください。

【対象者】
(1)国内の大学等に在籍し、八王子市内に住民票を置いて居住する学生もしくは八王子市外に居住する八王子市出身者(小・中学校在学時に八王子市に居住していた方で、かつ現在も保護者等が八王子市内に居住している方)
(2)アルバイト収入によって生活している方(今年度入学者など、新型コロナウイルス感染症の影響でアルバイトを始められていない方も含まれます)

https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/shimin/002/008/gakuseikoroina/p026624.html#1_hachioji

 

令和3年度 日本学生支援機構給付奨学生予約採用について(高等教育の修学支援制度)

(令和2年5月15日掲載)

(日本学生支援機構)給付奨学生予約採用の申請希望者は、6月5日(金)までに学生課学生支援係 gakusei(アットマーク)@tokyo-ct.ac.jp までメールでご連絡ください。なお、メールのタイトルには「給付奨学生予約採用申込希望」、本文には氏名、学年、学科を表記してください。

【対象者】3年生
※制度の詳細は、高等教育の修学支援制度 (授業料減免制度)を参照ください。
https://www.tokyo-ct.ac.jp/student_info/exemption_of_tuition-fees/

 

日本学生支援機構奨学金(貸与型)令和2年度在学採用について

(令和2年5月13日掲載)

令和2年度の日本学生支援機構奨学金(貸与型・第一種及び第二種)の申請希望者を対象に、資料配付を行います。

(制度の概要 日本学生支援機構ホームページより)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/type/index.html

申請希望者は、5月27日(水)までに学生課学生支援係(gakusei(アットマーク) tokyo-ct.ac.jp)までメールでご連絡ください。なお、メールのタイトルには「貸与型奨学生在学採用申請希望」、本文には氏名、学年、学科を表記してください。

【対象者】今年度からの新規希望者
(中学校で予約採用になった方は、申請する必要はありません。また、昨年度受給されていた方で、今年度継続される方も申請する必要はありません。)

問い合わせ先:学生課学生支援係

令和2年度川崎市高等学校奨学生(学年資金)について

(令和2年5月13日掲載)

【応募資格】
川崎市内在住の高等専門学校(3学年まで)の学生で、学業、人物とも優秀で、かつ健康であり、学資の支弁が困難と認められるもの。

学力基準
1年生:中学3年時の全履修科目の評定結果の平均値が、5段階評価で3.5以上であること。
2・3年生:令和元年度の学業成績が本人の属する学科の上位3分の2程度以上であること。

家計基準
平成31年1年間における世帯の総所得が基準値以内であること。

世帯人数・総所得・(総収入)
2人・約239万円・約366万円
3人・約293万円・約434万円
4人・約337万円・約489万円
5人・約388万円・約553万円
6人・約427万円・約602万円
7人・約471万円・約657万円
※世帯の年齢構成などにより基準額に相違がありますので、あくまでも目安としてください。
※「総所得」は給与所得の方は給与所得控除後の金額、事業所得の方は総収入から必要経費を差し引いた後の金額が基本となります。
※具体的には、市民税の「非課税証明書」や「課税額証明書」の「合計所得金額」であり、世帯に収入のある方が複数いる場合は、それぞれの所得を合算した額となります。

【奨学金額】
1年生:年額 36,000 円
2年生:年額 61,000 円
3年生:年額 46,000 円

【支給期間】
1年間(令和2年4月から令和3年3月まで)。年2回に分けて支給。

【応募方法】
受取期限までに学生課から申請書(様式)を受け取り、必要書類を取り揃えた上、提出期限までに学生課へ提出のこと。

(必要書類)
(1) 令和2年度奨学資金支給申請書(様式を学生課でメール等で配布する)
(2) 収入にかかる証明書(下記A~Cのいずれか)
A.生活保護世帯の場合、「被保護証明書」(世帯全員が記載され、3ヵ月以内に発行されたもの(写し可))
B.児童養護施設や里親に委託されている場合「在籍証明書」又は「児童委託証明書」(写し可)
C.AにもBにも該当しない場合「令和2年度市民税・県民税(個人)の課税額証明書(非課税証明書、免除証明書等)合計所得金額の記載のある各種証明書」

※ 令和2年度(令和元年分)の証明書が必要です。(6月以降に発行されます。)
※ 生計を一にする家族の中で、18歳以上の全員の証明書が必要です。(高校生、大学生等を除く)
※ 無職の方や扶養に入られている方でも、証明書は必要です。ただし、配偶者控除を受けていて、その状況が証明書に記載されている場合は、控除されている配偶者の分の所得証明書は必要ありません。「配偶者特別控除」は左に該当しませんので、配偶者分の所得証明書が必要です。
※ 申告をしていない等の理由で書類を提出できない場合は申請できません。

【申請書受取期限】令和2年5月22日(金)【厳守】※
※申請書を受け取っていても書類提出期限までに必要書類の提出が無かった場合には応募する意思の無いものとして取り扱いますのでご了承下さい。

【書類提出期限(学校に提出)】 令和元年6月8日(月)【厳守】

【その他】
(1)学校から推薦をする必要があるため、学校経由で応募することになります。直接応募は認められていません。
(2)本奨学金は、返還の必要がありません。
(3)他の奨学金との併願・併用は可能です。
(4)提出された書類は返却しません。
(5)認定結果については、7月下旬に川崎市から申請者の自宅へ直接郵送します。
(6)上記必要書類の他に、学校あるいは川崎市から指定する書類を求められた場合には、指示に従い提出をお願いします。

令和2年度 日本学生支援機構給付奨学生在学採用について(高等教育の修学支援制度)

(令和2年5月8日掲載)

(日本学生支援機構)給付奨学生在学採用の申込希望者は、5月18日(月)までに学生課学生支援係 gakusei(アットマーク)@tokyo-ct.ac.jp までメールでご連絡ください。なお、メールのタイトルには「給付奨学生在学採用申込希望」、本文には氏名、学年、学科を表記してください。

【対象者】4年生以上
※制度の詳細は、高等教育の修学支援制度 (授業料減免制度)を参照ください。
※家計急変採用も随時行っております。詳細はお問い合わせください。

問い合わせ先:学生課学生支援係

 

給付奨学生<家計急変採用>の推薦について

(令和2年5月8日掲載)

予期できない事由により家計が急変し、緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認できれば、給付奨学生(高等教育の修学支援新制度)の支援対象となります

1.募集時期 随時
① 2020年4月1日以降に家計が急変した場合、家計急変事由発生日から3ヶ月以内に学校への申込みが必要です。
(例)事由発生日が4月1日なら7月1日までの申込み
② 新入生については、入学前年の1月(入学の15ヶ月前)以降に家計急変した学生等の場合、 入学月から2ヶ月以内(2020年4月入学者は2020年5月末日まで)の申込みが必要です。
③ 2020年度においては、2年次以上(高等専門学校は5年次)の学生等について、2019年1月~2020年3月に家計急変した学生等の場合、2020年5月末日までの申込みが必要です。

2.支給開始時期 随時(家計急変事由発生日から4ヶ月目以降)
※ただし、進学(進級)前に事由発生の場合は入学月(進級月)
(例)2020年4月入学者は、2020年3月以前に事由が発生し、5月末日までに申し込んだ場合の支給開始時期は2020年4月

※1 次の事由については、被災した場合(生計維持者が震災、火災、風水害等に被災した場合で あって、次のいずれかに該当①上記A~Cのいずれかに該当②被災により、生計維持者の一方(又は両方)が生死 不明、行方不明、就労困難など世帯収入を大きく減少させる事由が発生)を除き、対象とはなりません。

・生計維持者の離婚又は失踪
・定年退職等、非自発的失業(※2)に該当しない離職
・雇用保険に加入していない生計維持者(会社経営者等)の離職
※2 「非自発的失業」とは、雇用保険被保険者離職票(又は雇用保険受給資格者証)に おいて、次の離職理由コードに該当する場合をいいます。

離職理由コード
1A (11) 解雇(3 年以上更新された非正規社員で雇止め通知なしを含む)
1B (12) 天災等の理由により事業の継続が不可能になったことによる解雇
2A (21) 雇い止めによる解雇(期間の定めのある雇用契約(1 年未満)を 3年以上繰り返し、 事業主側の事情によって契約満了、又は雇い止めとなったために離職したとき)
2B (22) 倒産・退職勧奨・法令違反等の正当な理由のある自己都合退職
2C (23) 期間の定めのある労働契約の期間が終了し、かつ、次の労働契約の更新がないことにより離職した者(その者が更新を希望したにもかかわらず、更新できなかった場合)
3A (31) 事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職
3B (32) 事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職
3C (33) 正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間 12ヵ月以上)
3D (34) 正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間 12ヵ月未満)

申請希望の方は学生課学生支援係 gakusei(アットマーク)tokyo-ct.ac.jp までご連絡ください。

 

令和2年度関育英奨学会奨学生の募集について

(令和2年4月27日掲載 5月1日追記)

下記のとおり募集を行いますので、希望する2年生は、学生課学生支援係(gakusei(アットマーク) tokyo-ct.ac.jp)まで連絡ください。

1.応募資格:高専2年に在学し、人物・学力ともに優秀かつ健康でありながら学資の支弁が困難と認められる者
2.貸与金額:月額20,000円(返還の義務有り)
3.書類受け取り期限:令和2年5月18日(月)
4.書類提出期限:令和2年5月20日(水)
5.提出場所:学生課学生支援係
6.提出書類:

①奨学生願書(指定様式をお渡しします)
②成績証明書(1年修了時点)※学生課に申請すること
③在学証明書 ※学生課に申請すること
④作文(800字以内)課題「将来の夢」
※市販の400字詰め原稿用紙を使用すること

7.備考:希望者が複数の場合は、学内で選考を行い、推薦者1~2名を決定します。
問い合わせ先:学生課 学生支援係

 

令和2年度埼玉県高等学校等奨学金奨学生の募集について

(令和2年4月10日掲載)

令和2年度埼玉県高等学校等奨学金について、応募を受け付けています。貸与を希望する学生は5月25日(金)17時までに学生課学生支援係(042-668-5237)までご連絡ください。

【応募資格】
①高等学校等に在学していること。
②保護者が埼玉県に居住していること。
③品行方正であって、学習意欲があり、経済的理由により修学が困難であること。

【貸与額(高等専門学校)】
(月額奨学金)
①月額 15,000円
②月額 20,000円
③月額 25,000円

(入学一時金)※入学時のみ
①50,000円
②100,000円

【貸与期間】
令和2年4月から令和3年3月までの1年間。その後の貸与を希望する場合は改めて手続きが必要。

【応募方法】
希望者は学生支援係から「埼玉県高等学校等奨学金申請封筒」を受取り、「申請のしおり」をよく読んだ上で、必要書類を埼玉県教育局総務部財務課へ提出のこと。

【埼玉県教育局総務部財務課への必要書類提出期限】
令和2年5月29日(金)

【その他】
・本奨学金は貸与なので、卒業後に返還の義務があります。

公益財団法人佐藤奨学会 奨学金のご案内

(令和2年3月18日掲載)

佐藤奨学会の奨学金について、応募を受け付けています。希望者は学生課窓口までお越しください。

【応募資格】
高等学校、高等専門学校、大学または大学院に在学し、学業、人物とも優秀で、かつ健康であり、学資の支弁が困難と認められるもの。

【奨学金額】
(高等専門学校奨学生)月額16,000円※
※原則として毎月一定日に本人宛に支給するが、7・8月、2・3月分については2ヶ月分まとめて支給する。

【支給期間】
正規の最短修業年限とする。2年次以降に支給を受ける場合は残りの修業期間。

【応募方法】
受取期限までに学生課から願書(様式)を受け取り、必要書類を取り揃えた上、提出期限までに学生課へ提出のこと。
(必要書類)
(1)願書(様式を学生課で配布する)
(2)中学校における3年間の成績証明書(1年生のみ。2年生以上は不要。)
(3)家計維持者の収入証明書コピー(両親可)
(4)課題(A4用紙1枚、自由記述)※
※課題内容「10年後の自分」について
10年後、どのように社会で貢献できる人間になりたいか、A4用紙1枚にご記入下さい。絵や写真の貼付も可能です。

【願書受取期限】令和2年4月13日(月)【厳守】※
※願書を受け取りに来ても書類提出期限までに必要書類の提出が無かった場合には応募する意思の無いものとして取り扱いますのでご了承下さい。

【書類提出期限(学校に提出)】令和2年4月17日(金)【厳守】

【奨学生の義務について】
奨学生として採用された場合は、以下に定める義務を履行する必要がありますので、よく理解した上で応募をして下さい。
(1)奨学生は、奨学金給与規定を厳守すること
(2)次のいずれかに該当する場合は、直ちに事務局に連絡すること
1.留学をする場合
2.休学、復学、転学又は退学したとき
3.停学、その他の処分を受けたとき
4.氏名、住所、メールアドレス、その他重要な事項に変更があった場
5.留年又は卒業延期の恐れが生じたとき
(3)毎月(ただし7・8月は7月、2・3月は2月)奨学金の交付をうけた奨学生は、当月末までに奨学金領収書を提出すること
(4)毎年度末に、下記の書類を事務局に提出すること
1.活動報告書(指定のフォーマット)
2.成績証明書
3.収入証明書
4.進路報告書(卒業生のみ)

【その他】
(1)募集は各学校宛に行うため、学校経由で応募することになります。直接応募は認められていません。
(2)本奨学金は、返還の必要がありません。
(3)他の奨学金との併願・併用は可能です。
(4)提出された書類は返却しません。
(5)学校からの推薦は1名のみとなります。希望者が複数名の場合には、学内選考の上、1名のみ推薦を行います。
(6)上記必要書類の他に、学校から指定する書類を求められた場合には、指示に従い提出をお願いします。

 

主な奨学金制度

  • 日本学生支援機構(旧日本育英会)
  • 東京都育英資金
  • 八王子市奨学資金
  • 埼玉県高等学校等奨学金
  • (公財)古岡奨学会奨学金
  • (公財)佐藤奨学会
  • (財)関育英奨学会  他