東京工業高等専門学校
数理・データサイエンス・AI教育プログラム

本プログラムの目的

東京工業高等専門学校数理・データサイエンス・AI教育プログラムは、数理・データサイエンス・AIへの関心を高めると共に、数理・データサイエンス・AIを適切に理解しそれを活用する基礎的な能力を育成することにより、数理・データサイエンス・AIに関する基礎的な能力の向上を図る機会の拡大に資することを目的とする。

本プログラムにより育成される能力

  • デジタル社会の「読み・書き・そろばん」である数理・データサイエンス・AIの基礎的要素を身につけ、自らの専門分野に応用できること。
  • 社会情勢や社会での実例を学び、人間中心の適切な判断ができるようになること。
  • 情報セキュリティや情報漏洩等に留意し、データや学修した知識、スキル等を適切に活用できること。

修了要件

以下に示す科目を履修し、全ての科目の単位を修得すること。なお、修了要件は所属学科によらず同様である。

(注)リンク先のシラバスは1つの学科の例を示したものである。学科により科目担当教員等が異なる場合があるので、詳細は所属学科のシラバスで確認すること。

モデルカリキュラムと科目との関係

実施体制・取組概要

本教育プログラムの実施体制及び取組概要は下記の通りである。

申請書・自己評価書等