本校の教育

教育プログラム

創成型工学教育プログラムについて

今日、産業技術のあらゆる分野において国際化、融合化・複合化が急ピッチで進展しています。そのために、境界領域に関心を持ち、独創的なシステムをデザインできる、国際感覚豊な、ものづくりを志向する技術者が求められています。本校専攻科設立時のコンセプトが、まさに国際性をもち、複合・融合分野に対応できる、ものづくり志向の技術者の育成でした。そこで本校では、主として本科4年次から専攻科2年次までの4年間に相当する学習・教育に対し、一貫した教育プログラムとして創成型工学教育プログラム(The Program of Creative Engineering Education)を設定し、国際化・複合化に対応できるものづくり技術者教育を行っています。

学習・教育目標

本校の教育目標の大枠は次の(A)~(D)に示された国際化・複合化に対応できるものづくり技術者の育成です。

これらに専攻科設立時のコンセプトを合わせ模式的に表すと、図1の概念図になります。
この教育目標に従い、本教育プログラムでは、次の(A)A-1~A-5,(B)B-1~B-5,(C)C-1~C-14,(D)D-1~D-5,に示された能力を身に付けた技術者の育成を目指しています。創成型工学教育プログラムの学生は(A)A-1~A-5, (B)B-1~B-5,(C)C-1~C-14,(D)D-1~D-5に示された能力を身につけた技術者となることを目標として日々の学習に励んでください。

(A) 技術と地球環境保全との関係を理解し、技術者に求められる危機・安全に関する倫理観と的確な行動規範を身につけた技術者

(B) 日本語及び英語によるコミュニケーション能力を身につけ、国際的に活躍しうる素養を持った技術者

(C) 基礎学力の上に、実践力、創造力、研究開発能力を身につけた技術者

(D) 生涯にわたる自己啓発能力や健康管理能力及び社会の変化に的確に対応できる柔軟性を身につけた技術者

関連情報