産学公連携について

東京高専では,産業技術センターを中心に産学連携を積極的に推進しています。

共同研究・受託研究

企業等の求めに応じて,本校教員が公務として行う研究で,本校教員と企業等の研究者が共同して研究を行う共同研究と,本校教員のみで研究を行う受託研究があります。

いずれも,経費は原則として企業等の負担となります。

関係書類(共同研究)

関係書類(受託研究)

受託試験

民間企業等から委託を受けて、各種の試験を実施しております。

関係書類

寄付金

企業等から寄附金を受入れて、学術研究の発展のために活用しています。
東京高専の発展のために多くの方からのご支援をお願いいたします。

寄付金申込書

大学等産学官連携自立化促進プログラム(機能強化支援型)の採択

文部科学省の大学等産学官連携自立化促進プログラム(機能強化支援型)「知的財産活動基盤の強化」の事業費により、地区国立高専の技術・人的資源への企業のアクセス機会の増大を目指すとともに、教職員の知財関連の意識の向上と技術教育上に新たな展開を実現するために取り組んでいます。
(H20~H22年度)連合推進組織:茨城、小山、群馬、木更津、長岡、長野、東京の各国立高専