本校における3つの教育方針

東京工業高等専門学校本校における3つの教育方針
(アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー)

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

本校では、ものづくり、基礎学力、技術者としての倫理観、コミュニケーション能力、グループ活動を大切に考えることを基本としたエンジニアを育てることを目標に、次のような入学者を求めます。

  1. 理数系科目が好きであり、それらの科目の成績が優秀である。
  2. 科学や技術の分野で新しいことを学びたいという学習意欲がある。
  3. 英語でのコミュニケーション能力習得に熱意がある。
  4. ものづくりに興味があり、新しいものを作りたいと考えている。
  5. 仲間とともにグループで作業ができる。
  6. 自覚的な行動ができる。
  7. 規則正しい生活と、毎日の自発的学習ができる。

入学者選抜の基本方針

上記アドミッション・ポリシーに合致した選抜方針としています。

  1. 推薦入試
    出身中学校長から推薦された志願者のうち、一定水準以上の数学・理科の学力を身につけ、かつ自発的・継続的な学習能力を有する本校への入学意志が強い志願者を受け入れる。
  2. 学力入試
    準学士課程における学習に必要な基礎学力をもつ志願者を数学の学力を重視した学力検査により選抜する。
  3. 編入学入試
    編入学を志望する学科(学年)の学習に必要な学力、意欲及び適性のある志願者を学力検査及び志望学科に関連する基礎専門知識の口頭試問により選抜する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

本校では、「ディプロマ・ポリシー」に定めた能力を身につけるため,次のような編成方針、実施方針および成績評価基準に基づいて教育を実施します。

編成方針

  1. 早期体験重視により専門分野の基礎を教授するとともに、幅広い教養と総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養するよう5年一貫の体系的な教育課程を編成する。
  2. 教育課程を編成するに当たっては、全学年で基本的な汎用的技能や態度・志向性を修得できるように配慮して、科目配置や科目毎の授業内容や授業計画を設計する。
  3. 「ディプロマ・ポリシー」に定めた能力を深化させるため、高学年に社会実装教育※に関する科目を開設する。

※ 社会実装教育とは、学生が社会の現実の問題と対峙しながら、

  1. 非専門家であるユーザーの生の声を工学的な表現や具体的な技術に変換する高度なコミュニケーション能力
  2. ユーザーの複雑な要求に基づきながら制作物の改良に取り組む主体性と創造性

の獲得を目指した教育のことです。イノベーション創出には、自らの工学的専門知識を活用し、「何を創りだすか」を考え、実際に社会で行動できる能力を持つ技術者が必要と言われています。

実施方針

  1. 「ディプロマ・ポリシー」に定めた能力が、教育課程の中でどのように養成されるかを学生に示すため、科目毎にシラバスで「ディプロマ・ポリシー」で定められた能力と科目との対応と、それらを修得する方法を学生が理解しやすいように説明する。
  2. 個々の学生の活発な主体的学習を促進するため、授業時間のみならず、予習・復習等、授業時間外の様々な機会を通じ、諸課題に積極的に挑戦させる。
  3. 成績評価は、公正かつ透明性確保のため、各科目に掲げられた授業の到達目標に対する達成度を目安として採点し、評価の客観性を担保するため、複次的・複層的な積み上げによる成績評価を行う。

成績評価基準

本校では、次のような成績評価基準を定めています。

  1. 学期末における成績評価は、シラバスに示す評価方法に基づいて実施する。
  2. 学期の中間時における成績評価を行う場合もシラバスに示す評価方法に準じて実施する。
  3. 成績は100点法により採点し、評価は以下のS・A・B・C・Dの5段階とし、成績評語は評価に応じて次表のとおりとする。ただし、卒業研究にあっては「合」又は「否」を、インターンシップにあっては、「修了」又は「未修」を判定する。

S(優) 特に優れている。(100~95 点)
A(優)優れている。( 94~80 点)
B(良)普通である。( 79~70 点)
C(可)やや劣る。( 69~60 点)
D(不可)劣る。( 59~ 0 点)

ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

本校では、以下に示す能力を身につけ、学則で定める修業年限以上在籍し、所定の単位を修得した学生に対して卒業を認定します。

  1. 技術と地球環境保全との関係を理解し、危機管理・安全確保に関する倫理観と的確な行動規範
  2. 日本語及び英語によるコミュニケーション能力と国際的に活躍しうる素養
  3. 基礎学力の上に、実践力、創造力、研究開発能力
  4. 生涯にわたる自己啓発能力や健康管理能力及び社会の変化に的確に対応できる柔軟性

【専攻科における3つの教育方針】
(アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー)

本専攻科の学習・教育目標は、次の(A)~(D)に示された国際化・複合化に対応できるものづくり技術者の育成です。

  1. 技術と地球環境保全との関係を理解し、技術者に求められる危機・安全に関する倫理観と的確な行動規範を身につけた技術者
  2. 日本語および英語によるコミュニケーション能力を身につけ、国際的に活躍しうる素養を持った技術者
  3. 基礎学力の上に、実践力、創造力、研究開発能力を身につけた技術者
  4. 生涯にわたる自己啓発能力や健康管理能力および社会の変化に的確に対応できる柔軟性を身につけた技術者

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

本専攻科では、学習・教育目標の国際化・複合化に対応できる技術者を育成することを目標に、次のような入学者を求めます。

  1. 工学の基礎を修得し、実践力、創造力、研究開発力の素養を有している人
  2. さまざまな課題に主体的に取り組む意欲のある人
  3. 自己表現や他者理解などを積極的に図ることができる人

入学者選抜の基本方針

上記アドミッション・ポリシーに合致した選抜方針としています。

  1. 推薦入試
    出身高等専門学校長から推薦された志願者のうち、一定水準以上の基礎学力を身につけ、かつ主体的・継続的な学習意欲とコミュニケーション能力を有し、本専攻科への入学意志が強い志願者を選抜する。
  2. 学力入試
    一定水準以上の基礎学力を身につけ、かつ主体的・継続的な学習意欲とコミュニケーション能力を有する志願者を選抜する。
  3. 社会人特別入試
    企業などにおいて一定以上の在職期間を有し、一定水準以上の基礎学力を身につけ、かつ主体的・継続的な学習意欲とコミュニケーション能力を有し、本専攻科への入学意志が強い志願者を選抜する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成および実施に関する方針)

本校では、「ディプロマ・ポリシー」に定めた能力を身につけるため,次のような編成方針、実施方針および成績評価基準に基づいて教育を実施します。

編成方針

実験・演習・実習・研究を重視し、ものづくりに関係する科目や本科の科目と連携した科目を配置し、基礎学力の定着と応用分野の知識、ものづくりや研究・開発能力を涵養する教育課程を編成します。

実施方針

ディプロマ・ポリシーに定めた能力と教育課程における関係を示すために、シラバスにおいて科目ごとに対応を示します。

成績評価基準

本校では、次のような成績評価基準を定めています。
成績はシラバスに示す評価方法に基づき100点法により採点し、評価は以下の優・良・可・不可の4段階とし、成績評価は次のとおりとする。ただし、特別研究1.・2.および特別実習にあっては「合」又は「否」を判定します。
優 優れた成績 ( 100~80 点)
良 良好な成績 ( 79~70 点)
可 合格と認められる成績 ( 69~60 点)
不可 合格と認められない成績 ( 59~ 0 点)

ディプロマ・ポリシー(修了の認定に関する方針)

本専攻科では、以下に示す能力を身につけ、学則で定める修業年限以上在籍し、所定の単位を修得した学生に対して修了を認定します。

  1. 科学技術分野の専門的基礎知識と技術の修得および生涯にわたり自己啓発・管理できる能力
  2. 自ら修得した専門知識および技術を基に問題解決に必要な知識や技術を複合・融合的に応用できる能力
  3. 安全・環境・文化などへの技術の影響を配慮し、問題解決に向けて異なる専門領域・言語・文化を持つ他者とも相互理解しあえる能力