アドミッションポリシー

東京高専では、このような学生を求めています

【準学士課程】
本校では、ものづくり、基礎学力、技術者としての倫理観、コミュニケーション能力、グループ活動を大切に考えることを基本としたエンジニアを育てることを目標に、次のような入学者を求めます。
(1) 理数系科目が好きであり、それらの科目の成績が優秀である。
(2) 科学や技術の分野で新しいことを学びたいという学習意欲がある。
(3) 英語でのコミュニケーション能力習得に熱意がある。
(4) ものづくりに興味があり、新しいものを作りたいと考えている。
(5) 仲間とともにグループで作業ができる。
(6) 自覚的な行動ができる。
(7) 規則正しい生活と、毎日の自発的学習ができる。

入学者選抜の基本方針

上記アドミッションポリシーに合致したものとしています。
(1) 推薦入試
出身中学校長から推薦された志願者のうち、一定水準以上の数学・理科の学力を身につけ、かつ自発的・継続的な学習能力を有する本校への入学意志が強い志願者を受け入れる。
(2) 学力入試
準学士課程における学習に必要な基礎学力をもつ志願者を数学の学力を重視した学力検査により選抜する。
(3) 編入学入試
編入学を志望する学科(学年)の学習に必要な学力、意欲及び適性のある志願者を学力検査及び志望学科に関連する基礎専門知識の口頭試問により選抜する。

(専攻科のアドミッションポリシー(入学者受入方針)はこちら)