社会実装教育フォーラム

令和4年度社会実装教育フォーラム

詳細はこちらからご確認いただけます。

「社会実装教育」とは?

「社会実装教育」とは、イノベーションを実現する技術者の育成を目標として、東京高専を中心に実践している教育プログラムで、学生たちは社会の様々な課題に対するプロトタイプを試作し、それを実際のユーザーに使用して評価していただき、その結果を改良に反映させるという一連の過程を実践します。
そして、その体験を通じて自ら考えて行動する力を身につけるとともに、ユーザーと繋がることの大切さを学びます。

社会実装教育フォーラムについて

東京高専が主催している「社会実装教育フォーラム」は、上記の「社会実装教育」で学生が取り組んだ成果をコンテスト形式で発表し、教育的観点からそのプロセス(課題発掘からその解決に向けた取り組み全体)を評価されるとともに、専門家の的確な評価を受けます。東京高専のみならず、全国の高専から多くの学生が参加する一大イベントです。
審査員となる専門家は、高専教員ではなく、学識経験者、企業経営者及び技術部門責任者、関係行政機関、海外連携校教授等で構成され、専門家の立場から見た評価を直接学生に伝えていただいています。

過去の開催(令和元年度~)

令和3年度 開催通知 結果
令和2年度 開催通知 結果
令和元年度 開催通知 結果

令和4年1月発行:広報誌「社会実装教育」

平成30年発行:アニュアルレポート