- 東京工業高等専門学校 - https://www.tokyo-ct.ac.jp -

機械工学科 冨沢准教授が計測自動制御学会にて優秀講演賞を受賞

機械工学科 冨沢哲雄 准教授が計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会にて優秀講演賞を受賞しました

本校機械工学科の冨沢哲雄准教授が、2020年12月16日(水)~18日(金)にかけて開催された第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020, オンライン)において、優秀講演賞を受賞しました。

【講演題目】
追跡物体に関する時系列パターン解析による測域センサ汚損検出

【受賞者】
森本大志 防衛大学校
冨沢哲雄 東京高専 機械工学科
岩切宗利 防衛大学校

 

SI2020は、人間・社会・人工物を横断した俯瞰的システムインテグレーションをテーマとして、産官学の研究者・技術者が集結して当該分野に関連する講演発表および討論を行う学会です。本賞は、おおよそ1,100件以上の発表の中から選出され、受賞となりました。

冨沢研究室では、ロボットの感覚器官である「センサ」の信頼性を向上させるためのセキュリティ技術について研究を行っています。本発表は、自律移動ロボットが自身に搭載された光学式センサから得られるデータを分析することで、レンズ等に生じた汚損や異常を自動検出する手法について述べたものです。当技術は、今後の実用化が期待されている生活支援ロボットや自動運転システムの安全性向上に寄与することが期待されます。

冨沢准教授(左)と新保校長(右)