このページのトップ

TOP > 学生生活 > 学生の表彰 > 2014年度

2014年度

本校学生がBest Presentation Award(学生優秀発表賞)を受賞しました

3月20日(金)に横浜国立大学(神奈川県横浜市)で行われた(一社)日本機械学会関東支部関東学生会第54回学生員卒業研究発表講演会において、大学生に混じって本校学生が口頭発表を行い、そのうち機械工学科5年の上田稜君(現・機械情報システム工学専攻1年)が素晴らしい口頭発表を行った学生に贈られるBest Presentation Award(学生優秀発表賞)を受賞しました。
この講演会は、4年生大学の学部4年生と高等専門学校5年生の卒業予定者が自らの卒業研究を15分にわたり口頭発表するもので、300名が口頭発表を行いました。

【発表題目】  
測域情報からなるランドマークを参照するロボットの自律走行

【受賞した上田君のコメント】  
一生懸命取り組んできた自律移動ロボットの研究成果が評価され、とても嬉しく思います。


受賞した上田君
受賞した上田君

第7回 テクノルネサンス・ジャパン『最優秀賞』受賞

前列 右から吉岡さん、武末さん、前野さん、外崎さん 後列 右から古屋校長、北折教授
前列 右から吉岡さん、武末さん、前野さん、外崎さん 後列 右から古屋校長、北折教授

4名の女子学生は科学部リケジョチームを結成、日本経済新聞社主催の第7回テクノルネサンスジャパン、アイデアコンテストに応募し、『株式会社スリーボンド賞最優秀賞』を受賞しました。大学院生や大学生たちと対等以上の戦いを制した結果で、最優秀賞は高専全体でも初めての快挙であり、高専女子の実力を全国に轟かせました。

受賞学生から一言ずつ頂きました。

物質工学科5年 吉岡里紗さん
アイデアの構想を練ったり、企業の方々にプレゼンテーションを聞いて頂いたりと良い経験ができました。名誉ある賞を頂けて大変嬉しく思います。

物質工学科4年 武末早織さん
アイデアが出ない、発表で上がってしまう等様々なことがありましたが、無事終えることができました。昨年度のリベンジが出来て嬉しいです。

物質工学科3年 前野夕紀さん
今回テクノルネサンスに参加することで、これまで経験がなかったパワーポイント作りや、プレゼンテーションなど勉強になりました。とても良い経験になったと思います。

電子工学科4年 外崎縁さん
物質工学科の方と一緒に活動し、良い経験となりました。学科が違うと大変なこともありましたが、結果に繋がってよかったと思います。

 


第12回高校生科学技術チャレンジ 物質工学科3年生が受賞

高校生科学技術チャレンジは、高校生や3年生までの高専生が応募する大変レベルの高いコンテストです。本年度は126の学校から221作品の応募があり、平出君・原田君(城石研)の研究は惜しくも最終審査の対象には選ばれませんでしたが、「佳作」として表彰されることとなりました。

研究のタイトルは、「水の光分解に向けた助触媒上での水素-酸素再結合反応の抑制と非貴金属系新規助触媒の開発」というものであり、太陽光を用いて水素燃料を効率よく作り出すためのキーポイントとなっているものです。



▲このページの先頭へ