このページのトップ

TOP > 学生生活 > 学生の表彰 > 2012年度

2012年度

本校学生がBest Presentation Award(学生優秀発表賞(以下BPA))を受賞しました

    3月15日(金)に首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都八王子市)で行われた,(社)日本機械学会関東支部
関東学生会第52回学生員卒業研究発表講演会において,大学生に混じって本校学生が口頭発表を行い,
そのうち機械工学科5年の及川峻尚君,越智啓文君,山川史君の3名が素晴らしい口頭発表を行った学生に
贈られるBest Presentation Award(学生優秀発表賞(以下BPA))を受賞しました.
    この講演会は,4年生大学の学部4年生と高等専門学校5年生の卒業予定者が自らの卒業研究を15分にわたり口頭発表するもので,334名が口頭発表を行いました.

発表題目
及川峻尚君(ロボット工学研究室)
「重心移動機構を備えたツインロータ式小型ヘリコプタの試作と飛行実験」
越智啓文君(流体工学研究室)
「水撃ポンプにおける寸法効果と内部流れ」
山川史君(ロボット工学研究室)
3次元側域による自立移動ロボット用3Dマップの作成と自己位置の推定」


受賞者3名
受賞者3名

本校学生がpico-EV・エコチャレンジで6位入賞

 本校機械工学科5年生高橋和輝君が、32()神奈川工科大学で開かれました、日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門エコメカトロニクス研究会主催 pico-EV・エコチャレンジに出場しました。
この大会では、6本の単3充電式ニッケル水素電池(1.2V,1900mA)を電源とした自作の超小型電気自動車で20分走破し、その距離を競います。
今回初参加ということもあり、20分間完走することが目的でしたが、何度も出場しているチームがひしめく中867.2m走破し6位入賞を果たしました。



 

 

 


走行写真
走行写真

本校学生が第15回化学工学会学生発表会で奨励賞を受賞

 32()に、山形大学米沢キャンパスで開かれた第15回化学工学会学生発表会で、物質工学科3年生(城石研) 野崎拓弥君,小林昌広君,堀口元規君が、 「CODの少量・迅速定量法の開発とバイオ光電池を用いた下水処理」というテーマで発表を行い、奨励賞を受賞しました。

 


本校学生が英語プレゼンテーションコンテストで優勝しました

平成25126()に東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センター行われた第6回全国高等専門学校英語プレゼンテーションコンテストのスピーチの部で、本校電気工学科3年黒木裕治君が優勝いたしました。

 黒木君のスピーチの題名は、“The Dream and the Status Quo”でした。彼のスピーチは、自分の日常生活に満足するために、将来の夢を持つことと毎日の小さいことの面白さを見つけることの必要性について語ったものでした。

 スピーチの部は、7分の持ち時間で、自作のスピーチを発表するものです。審査員は以下の3つの観点で評価をします。一番目は英語力で、発音、リズム、強調、ペース等です。二番目はスピーチの内容で、テーマが面白いか、スピーチの構造、独創性等です。三番目は発表する技術で、自信を持ってスピーチを行っているか、ジェスチャー、表現、説得力、声、暗記、アイコンタクト等です。

 黒木君の発表は、審査員の1人から”A super speech!”と言われるほどに高く評価されました。黒木君自身が何回もスピーチを書き直し、たくさん練習をして本番に臨んだことが大会での優勝という結果に繋がったのだと思います。

 当コンテストにおいて、本校の優勝は黒木君が初めてとなります。本校の歴史に新たな1頁を刻んだ彼に、惜しみない讃辞を送ります。おめでとう。

 

 


スピーチをする黒木くん
スピーチをする黒木くん

本校学生マグネットコンテストに入賞しました

第18回マグネットコンテストにおいて、2132件もの多数の応募の中から、生活・くらし部門で優秀賞、佳作に入賞、環境・エネルギー部門で優秀賞に入賞いたしました。
  生活・くらし部門 ・・・ アイデア名 「運ぶの楽チン、しまうの簡単、くっつくパイプ椅子」
                            「黒板用マグネットコンパス」
 環境・エネルギー部門 ・・・ アイデア名 「電気を発電!マグネットレイン」

 「マグネットコンテスト」とは、レア・アースマグネット(希土類磁石)を用いた創造的なアイデアのコンテストです。
受賞者の皆さん、おめでとうございます。


入賞した吉田くんと小倉さん
入賞した吉田くんと小倉さん

大学コンソーシアム八王子学生発表会で多くの学生が受賞しました

平成24年12月8日(土)、9日(日)に行われた第4回大学コンソーシアム八王子学生発表会で、本校の学生が優秀賞4件、準優秀賞5件、特別賞1件を受賞しました。この発表会は大学コンソーシアム八王子に所属する大学、短大、高専計16校の学生による研究発表会で、今年は138件の発表がありました。本校学生は大学生に混じって日頃の成果を如何なく発揮し、素晴らしい成績を修めました。


本校学生が大学コンソーシアム八王子学生発表会で優秀賞を受賞

受賞した城石研究室の学生たち
受賞した城石研究室の学生たち

12/78日に大学コンソーシアム八王子が主催する八王子地域23大学による学生発表会が八王子市学園都市センターで開催されました。

物質工学科3年の堀口君、小林君、野崎君城石研)が、大学生や高専5年生、専攻科生に混じって「CODの少量・迅速定量法の開発とバイオ光電池を用いた下水処理」というタイトルでポスター発表を行い、審査の結果、見事優秀賞を受賞しました。

CODとは化学的酸素要求量の略で水のきれいさを表す指標です。従来、CODを定量するためには、1時間程度の時間を要していました。

彼らは、このCODを迅速に定量する方法を開発し、バイオ光電池による人工下水の清浄化の性能測定に応用しました。

 


本校学生が、日本工学教育協会研究講演会発表賞を受賞

平成24年822()24()に芝浦工業大学にて日本工学教育協会第60回年次大会が開催され、23()に行われた学生オーガナイズセッションにおいて、5年電子工学科の泉侃人君が、所属する自動車部の活動を題材とした、「部活動におけるマネージメント導入による運営」というテーマで口頭発表を行いました。

 その結果、自動車部顧問の機械工学科、筒井健太郎准教授と共に、全口頭発表371件中、学生セッション発表中2件採択された1件としてJSEE研究講演会発表賞を受賞いたしました。

 

 今年も参加したHonda エコ マイレッジ チャレンジ 2012全国大会では、2年連続公式記録なし、という結果に終わりましたが、長く自動車部部長を務めた泉君にとっては、5年間の集大成といえる受賞になりました。泉君、おめでとう!


写真左から、古屋校長、泉君、筒井准教授
写真左から、古屋校長、泉君、筒井准教授

本校学生が触媒セミナーでポスター賞を受賞

10月23日に軽井沢で開かれた第5回新電極触媒シンポジウム&宿泊セミナーにおい
て、5Cの森田聖太郎君(城石研)は,大学生・大学院生に混じって「コアシェル型金属
微粒子担持MWCNT触媒によるアンモニアの電気化学的酸化」という題目で堂々とポス
ター発表を行い,見事優秀ポスター賞を受賞しました。


▲このページの先頭へ