このページのトップ

TOP > 学生生活 > 学生の表彰 > 2006年度

2006年度

日本機械学会・関東学生会第46回学生員卒業研究発表講演会「優秀発表賞」(19/3/16)

機械工学科 5年 石塚耕三さんが日本機械学会・関東学生会第46回学生員卒業研究発表講演会で優秀発表賞(Best Presentation Award)を獲得しました。
 

 

受賞研究名:圧電材料を利用した機械式ひずみ検出器の試作
         石塚耕三、黒崎茂
発表学会:日本機械学会・関東学生会第46回学生員卒業研究発表講演会
      (関東地区1都7県の大学・工学部および高専の機械学会・学生員の卒業研究発表会)

開催校:宇都宮大学

開催日:平成19年3月16日(金)
受賞名:学生優秀発表賞(Best Presentation Award)
     全体講演数213件(第1室~第11室、各室約20件テーマ中、優秀発表者各2名)
     全体22名受賞、高専生は、石塚君1人のみ他受賞者は大学生


「国立高専機構学生表彰 」表彰状授与式 (19/3/14)

専攻科機械情報システム工学専攻 1 年の田村信一さんは平成 18 年度国立高等専門学校機構学生表彰を受賞しました。この賞は平成 17 年度から始まったもので、55の国立高専の学生の中で学業や研究、課外活動等で優れた業績を挙げ、高い評価を受けた団体や個人に対し与えられるものです。田村さんは日本非破壊検査協会の「第 38 回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム」において「新進賞」を受賞し、国立高等専門学校の名誉を高めたという理由で表彰されました。

平成19年3月14日、上記表彰状の授与式が本校校長室にて行われました。


表彰状画像
表彰状画像

情報処理学会全国大会「学生奨励賞」(19/3/7)

専攻科機械情報システム専攻 1年 木下貴志さんが、第69回情報処理学会全国大会で「学生奨励賞」を受賞しました。
「学生奨励賞」とは、各学生セッションで発表された中から、優秀な発表と判断された1名に対して授与される賞です。
木下さんは他の大学院生に交じって堂々と発表を行い、9件の中から最も優秀な発表に選ばれました。

発表題目:「スポーツを事例とした感覚情報共有のための

            遠隔実時間教育システムの設計と開発」


日本非破壊検査協会シンポジウム「新進賞」(19/1/11)

専攻科機械情報システム専攻 1年 田村信一さんが、日本非破壊検査協会 第38回応力ひずみ測定と強度評価シンポジウムで新進賞(30歳以下の講演発表で優秀者)を受賞しました。

研究課題名:「ピエゾケーブルを用いたボルトの軸力検出

          (引張およびせん断負荷が同時に作用した場合)」

参考
 上記大会での全講演数:48件
  30歳以下(新進賞対象)の発表講演論文数:14件
  受賞新進賞:3件


第6回八王子産学公連携機構研究成果発表講演会(18/12/9)

情報工学科 5年 ファン・ヒュー・フォンさん、 木村綾太さんと物質工学科 5年 松井はづきさん、堤田綾さんが第6回八王子産学公連携機構研究成果発表会で優秀賞を受賞しました。

今回は過去最大の125件(8大学、1短大、2高専)の発表が17のセッションに分かれて行われ、各セッション(6,7件)から1件、計17件の優秀賞が選ばれました。


発表題目
 ファン・ヒュー・フォンさん:『べトナム語母語話者向け日本語学習ソフトの開発』

 木村 綾太さん:『能動学習授業における学生の質問支援システム開発の研究』

 松井 はづきさん:『脱気水による泥汚染布のい洗濯への応用』 

 堤田 綾さん:『電力使用に着目した教育機関での環境マネジメント』


ASET Best Student Award (18/12/3)

専攻科 物質工学専攻 1年 吉沢英里子さんが、平成18年12月2、3日に行われた13th Asian Symposium on Ecotechnology においてASET Best Student Awardを受賞しました。

この賞は英語で口頭発表する学生の中から選ばれました。
 
受賞テーマ名:『Verification of Terrestrial Biotic Ligand Model (TBLM) to Copper Accumulated in Barley』


2006年度 材料技術研究協会学生論文賞 (18/12/2)

専攻科 物質工学専攻 1年 関戸広太さんが材料技術研究協会の学生論文賞を受賞し、平成18年12月1~2日に行われた材料技術研究協会討論会で講演を行いました。

 
受賞テーマ名:『電解質の添加に伴うQCMセンサへの影響』


PDFをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのサイト(外部リンク)からダウンロードしてください。

▲このページの先頭へ